NEW

Bambu Lab

Bambu Lab A1 3D プリンター

商品番号: PF002-A-JP1

¥70,800 円

税込価格

特徴
  • 全自動キャリブレーション
  • マルチカラー印刷(※AMS lite必要)
  • 自動流量補正キャリブレーション
  • クイックノズル交換
  • アクティブモーターノイズキャンセリング
  • 造形体積:256*256*256 mm³
バリエーション:
数量:
¥70,800 円
アドオン対象を追加
  • 3Dプリンターとアドオン対象を同時にカートに入れる必要があります。

  • ほかの割引との併用はできません。

  • 請求書払いでの購入は対象外となります
  • 注文について
    • 日本国内倉庫から、2営業日以内発送
    • 配送につき、配送規約をご確認頂けます
    • 製品の保証につき保証規約をご確認頂けます

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    Bambu Lab A1 Combo

    • マルチカラー印刷
    • 全自動キャリブレーション
    • アクティブ流量補正
    • 1クリップクイックスワップノズル
    • 静音造形
    • 256*256*256 mm³ 造形体積
    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    マルチカラー、だれでもできる

    新しい AMS lite は、洗練されたデザインで信頼性も高く、多色3Dプリントを誰でもできるようにしています。

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    アクティブ流量補正

    A1 はフロー制御技術を一新しています。高解像度、高周波数の渦電流センサーを利用してノズル腔内の圧力を測定します。独自のアルゴリズムで、測定値に応じてフローレートを補正し、正確な押出を実現します。

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    全自動キャリブレーション

    A1 は、様々なキャリブレーションを自動的に処理します。Zオフセット、ベッドレベリング、共振、ノズル圧力など、すべてのプリントタスクに対して高精度でキャリブレーションを行います。

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    クイックノズル交換

    新しいデザインのホットエンドは、ネジ無しでホットエンドの着脱が簡単。

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    アクティブモーターノイズキャンセリング

    A1 はアクティブモーターノイズキャンセリングとサイレントモードにより、ノイズレベルを48 dB以下に抑える超静音 3Dプリンターです。プリンターが頑張っている間にもちゃんと眠れます。

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    Core XYの速度と品質に負けないベッドスリンガー 

    フルメタルレール、高剛性フレーム、ノズル圧力センサー、加速度センサー、強力なMCU、そして何よりも、これらの機能を活用する高度なモーションコントロールシステムが、特別なフィラメントを使用しなくても、14分間で"造船"できます。

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    Bambu Studio & Bambu Handy

    Bambuからのスライシングソフトウェアとモバイルアプリケーションに接続し、プリンターの制御とモニタリングを行います

    A1 技術仕様

    アイテム A1仕様
    本体 最大造形体積(W*D*H) 256*256*256 mm3
    ツールヘッド ホットエンド 全金属
    ノズル ステンレススチール
    ホットエンドの最高温度 300℃
    ノズル直径 0.4mm(付属)
    0.2mm、0.6mm、0.8mm
    ヒートベッド 対応ビルドプレート Bambu テクスチャード PEI プレート (付属)
    Bambu 高温プレート (スムーズ PEI)
    Bambu 常温プレート
    ビルドプレートの最大温度 100℃
    スピード ツールヘッドの最高移動速度 500mm/s
    ツールヘッドの最大移動加速度 10m/s²
    対応フィラメント PLA、PETG、TPU、PVA 推奨
    ABS、ASA、PC、PA、PET、
    Carbon/Glass Fiber Reinforced Polymer
    推奨ではありません
    センサー 監視カメラ ローレートカメラ (最大1080P) タイムラプス対応
    フィラメント切れ検出センサー 有り
    フィラメントオドメトリー 有り
    停電復帰 有り
    フィラメント絡み検出センサー 有り
    外形寸法 A1 : 385*410*430 mm³ 、パッケージサイズ: 552*532*320 mm³ 、正味重量 8.3 kg 、総重量 11.7 kg
    A1 Combo : パッケージサイズ 546*536*420 mm³、総重量 (AMS lite を含む) 14.3 kg


    A1 3D プリンターのご紹介 :詳細はこちら

    内容物

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    Bambu Lab A1

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    スプールホルダー

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    パージワイパー

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    ビルドプレート

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    PTFEチューブ*1

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    Bambu フィラメントサンプル (ランダムカラー)

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    ステンレススチールノズル(装着済)

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    アクセサリーボックス

    A1 Combo アドオン

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    AMS lite スタンド

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    AMS lite 本体

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    AMS lite ロータリスプールホルダー (x4)

    画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

    PTFEチューブ



    よくある質問


    1. A1の最大造形体積はどれくらいですか?

    A: 256 * 256 * 256 mm³。詳細については、こちらをご確認ください。

    2. A1 の対応フィラメントは何ですか?

    A: 1. PLA、PETG、TPU などの低温フィラメント、および PLA および PETG のサポート材 (PLA、PVA、HIPS などのサポート)。
    2. ABS、ASA、PC、PA、PA-CF/GF、PET-CF/GF、PPA-CF/GFなどの従来の高温フィラメント。
    親切なリマインダー:
    標準ノズルはステンレス製です。 PLA-CF/GF、PLA蓄光、PETG-CF/GF、PAHT-CF/GFなどの硬質粒子(CF、GFなど)を含むフィラメントを印刷する場合は、ノズルの交換が必要です過度の摩耗を防ぐために硬化鋼を使用しています。
    A1 のオープンフレーム設計と低いチャンバー温度により、ABS、ASA、PC、 A1のPA、PA-CF/GF、PET-CF/GF、PPA-CF/GFなど。ただし、これらの高温フィラメントを A1 で使用すると、充填密度が低い小型モデルを印刷できます。印刷結果は、フィラメントの乾燥状態と湿潤状態、モデル自体の特性、印刷パラメータ、周囲温度によって異なる場合があります。 詳細については、こちらをご確認ください。

    3.A1を囲んでいいですか?

    A: お勧めしません。詳細については、こちらをご確認ください。

    4. A1 は複数の AMS lite ユニットを使用して、最大 16 色のプリントを行うことができますか?

    A: A1 は AMS lite を 1 つだけサポートします。最大 4 色でプリントできます。詳細については、こちらをご確認ください。

     

    5. AMSはA1で使用できますか?

    A: いいえ、AMS は A1 と互換性がありません。 A1 で多色プリントを行う場合は、AMS lite をご利用ください。詳細については、こちらをご確認ください。

     

    6. AMSライトをA1のビームに取り付けて、スペースを小さくすることはできますか?その場合、どのようにすればよいですか?

    A:  MakerWorldモデルのページをご覧ください。モデルサポート、取り付けチュートリアル、アクセサリーネジの購入リンクがあります。また、関連情報については、wikiページもご参照ください。

     

    7. ビームにAMS liteを取り付けた場合、フィラメントスプールが滑り落ちたり、振動補正の精度に影響が出たりしませんか?

    A: AMS liteが正しく取り付けられている限り、前の2つのスプールにある程度の前傾角度があっても、フィラメントスプールが滑り落ちることはないはずです。さらに、振動補正の精度に影響を与えないように、コラムに補強を加えることもできます。詳細については、こちらをご確認ください。