Bambu Lab

ASA

商品番号: B01-G0-1.75-1000-spl

¥5,080 円

税込価格

【フィラメントまとめ買い】割引:4点10%OFF、8点15%OFF
※ 請求書払いでの購入は対象外です
特徴
  • 優れた耐熱性&耐紫外線性
  • 高い衝撃強度と耐久性
  • 屋外での長期使用
  • 高温再利用可能なスプール付き
  • 寸法:1.75mm±0.03mm
ご利用時の注意事項
  • 筐体付きプリンターは必須
  • AMS対応
色: グリーン (45500)
種類:
重量:
数量:
¥5,080 円


  • 日本国内倉庫から2営業日以内出荷(配送規約はこちら
  • 14日間の返品・返金サービス(保証規約はこちら
  • 安心保証期間(保証規約はこちら
  • 充実のサポート体制


Bambu ASA

Bambu ASA は、紫外線、耐熱性などに対する耐久性の高い素材です。ユニークな配合により、屋外に厳しい条件に長期間さらされる必要がある構造部品の印刷に理想的な材料となります。

ASAフィラメントASAフィラメント

耐候性と耐紫外線性

Bambu ASA は、耐紫外線性、耐酸化性、耐老化性が優れ、屋外で長期間使用した場合でも破損や色の劣化は遅くなります。

RFIDRFID
アサフィラメントアサフィラメント
アサフィラメントアサフィラメント

丈夫で耐久性が優れる

高い靭性と衝撃強度により、屋外用途や通常の構造要件に適しています。

アサフィラメントアサフィラメント
アサフィラメントアサフィラメント


優れた耐熱性

通常の PETG や ABS と比較して、Bambu ASA は 100°C の温度でも形状を維持できます。

アサフィラメント
アサフィラメント
RFID



よくある質問


1. ABS と ASA の違いは何ですか?

ABS ASA
構成 アクリロニトリル - ブタジエン - スチレン
アクリロニトリル - スチレン - アクリル酸エステル

ASA は、アクリレート成分を追加した ABS の改良版として、耐候性と耐紫外線性が向上します。

ASA は、ABS の耐衝撃性と加工性を維持しながら、紫外線による退色、黄変、劣化に対する耐性を備えています。どちらも印刷時に刺激臭や不快な臭いが発生することがありますが、ASA の刺激臭は ABS に比べて軽いです。

2. ABS と ASA の応用場面はどこが違いますか?

ASAは耐候性や色安定性が高く、自動車外装部品、看板、屋外設備などの屋外用途に最適です。 ABS は優れた機械的特性を備えた多用途の素材で、屋内用途によく使用されます。

3. ABS と ASA の類似点は何ですか?

物理的および機械的特性の点では、両方とも優れた耐衝撃性と高い引張強度を示し、強度、靭性、剛性はほぼ同じレベルです。 ABS と ASA は両方とも、印刷中に刺激的で不快な臭いを放出する可能性があり、大型モデルや高充填密度モデルを印刷する場合は、同様の反り傾向と密閉型プリンター要件が必要になります。


パラメータの比較

さまざまなフィラメントの比較について詳しくは、 Bambu フィラメント ガイド >>をご覧ください

ABS ASA PC
構成 アクリロニトリル - ブタジエン - スチレン アクリロニトリル - スチレン - アクリル酸エステル ポリカーボネート
ホットエンドの互換性 すべてのサイズ/素材
ビルドプレートの互換性 エンジニアリングプレート、高温プレート、PEI プレート
AMS の互換性 はい はい はい
のり 液体のり/スティックのり 液体のり/スティックのり スティックのり
使用前に乾燥させてください 推奨 推奨 必須
印刷時の臭い 刺激臭 比較的軽い刺激臭 軽いフェノール風味の臭気
靭性(衝撃強度 - XY) 39.3kJ/㎡ 41.0kJ/㎡ 34.8kJ/㎡
強度(曲げ強度 - XY) 62MPa 65MPa 108MPa
剛性 (曲げ弾性率 - XY) 1880MPa 1920MPa 2310MPa
層の密着性(衝撃強度 - Z) 7.4kJ/㎡ 4.9kJ/㎡ 9.0kJ/㎡
耐熱性(HDT、0.45MPa) 87℃ 100℃ 117℃
飽和吸水率/%(25℃,55%RH) 0.65% 0.45% 0.25%


アクセサリの互換性

推奨 非推奨
ビルドプレート エンジニアリングプレート、高温プレートまたはPEIプレート 常温プレート
ホットエンド すべてのサイズ/素材 /
のり 液体のり
スティックのり
/


ASA 16 進コード表

16 進コード 画面
ホワイト #FFFAF2
グレー #8A949E
ブラック #000000
グリーン #00A6A0
レッド #E02928


インテリジェントプリンティング用のRFID

すべての印刷パラメータは RFID に埋め込まれており、 AMS (自動マテリアル システム) を通じて読み取ることができます。

ロードして印刷してください!面倒な設定手順はもう必要ありません。

RFIDRFID

推奨される印刷設定
乾燥設定(送風乾燥炉) 80℃、8時間
印刷と容器の湿度の維持 < 20% RH (密封、乾燥剤使用)
ノズル温度 240~270℃
ベッド温度 (接着剤あり) 80~100℃
印刷速度 < 250 mm/秒
物理的特性
密度 1.05g/cm3
ビカー軟化温度 106℃
熱たわみ温度 100℃
融点 210℃
メルトインデックス 7.0±0.8g/10分
機械的性質
抗張力 37±3MPa
破断伸び率 9.2±1.4%
曲げ弾性率 1920±130MPa
曲げ強度 65±5MPa
衝撃強度 41.0±2.3kJ/平方メートル



印刷のヒント

• 印刷中に刺激臭や不快な臭いが発生する場合があります。プリンターが換気の良い場所に置かれていることを確認してください。

• より高い印刷品質を得るために、使用前に乾燥させることをお勧めします。推奨乾燥条件は、送風乾燥オーブンで 80 ℃、8 時間、またはプリンターのヒートベッドで 100 ℃、12 時間です。詳細については、WIKI のフィラメント乾燥カバーを参照してください。

• ASA は、大きなサイズや高充填密度のモデルを印刷するときに反りやすいです。反りを避けるには: 1) サイズが大きすぎるモデルや充填密度が高いモデルを印刷することはお勧めしません。 2) エンクロージャ プリンタを使用し、印刷する前にビルド プレートが適切に接着されていることを確認します。 3) 印刷速度を低く設定し、ヒートベッド温度を高く設定します。詳細については、WIKI の一般的な印刷品質の問題と解決策を参照してください。


内容物

スプール付きフィラメント x1 & 乾燥剤 x1

フィラメントラベル x1

画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

パッケージ x1