Bambu Lab

PET-CF

商品番号: T01-K0-1.75-500-spl

¥9,180 円

税込価格

特徴
  • 非常に低い吸湿率
  • 優れた機械的特性&耐熱性
  • 高い寸法安定性
  • 高温再利用可能なスプール付き
  • 直径:1.75mm +/- 0.03mm
ご利用時の注意事項
  • 0.2mmノズル非対応
  • ステンレス素材のノズルは推奨しません
  • 乾燥させてからご使用ください
  • AMS非対応
色: ブラック
種類:
重量:
数量:
¥9,180 円
注文について
  • 日本国内倉庫から、2営業日以内発送
  • 配送につき、配送規約をご確認頂けます
  • 製品の保証につき保証規約をご確認頂けます

Bambu PET-CF

Bambu PET-CF は、PET と炭素繊維を配合した強靱な フィラメントです。PET の低い反りや収縮を維持しながら、カーボンファイバーで機械的性能を向上させます。 Bambu PET-CF は、優れた高温耐性とソフトな輝きの外観を備えています。 Bambu PET-CF は、優れた強度、耐熱性、寸法安定性、低吸湿性により、耐荷重構造や高温多湿の環境で使用するのが適切です。


低吸湿性

PET-CFは飽和吸水条件下での強度と剛性の低下が少ないため、高湿度環境で使用されるプリントに適しています。

Normal PA-CF

積載重量:1kg

Bambu PET-CF

積載重量:1kg

試験モデルは、無負荷状態でスパンが 220 mm、厚さが 3 mm です。


高い寸法安定性

試験片サイズ (長さ*幅*高さ): 240*8*15 m m3

充填密度: 60%


優れた耐熱性

試験片サイズ (長さ*幅*高さ): 95*10*4 mm3
試験条件: 試験片を加熱炉にいれ、それぞれ 70 °C と 150 °C で 0.5 時間保温して結果です。


印刷設定

0.6 mm 焼入れスチールノズル (推奨)
0.4mm / 0.8mm 焼入れスチールノズル(推奨しません)

筐体付きプリンター(推奨)
オープンフレーム (推奨しません)*

AMSは互換性がありません


プリントによっては過冷却により層の密着性が低下する場合があります。


よくある質問

PET-CFとPETG-CFの違いは何ですか?

PET-CF と PETG-CF の主な違いは、基材にあります。 PETG-CFはグリコール変性ポリエチレンテレフタレート(PETG)に炭素繊維を添加した強化材料であり、PET-CFはポリエチレンテレフタレート(PET)に炭素繊維を添加したものです。主な違い PETG の「 G 」はグリコールを表します。 PETG は、少量のグリコールをコモノマーとして PET のグリコール変性バージョンです。 PETG にグリコールを添加すると、PETG の結晶化度が低下し、より透明になります。ただし、強度と剛性も低下します。

PETG-CFとPET-CFの用途の違いは何ですか?

PETG-CFは、優れた靭性と印刷容易性により、曲げ、折り曲げ、可動部など日常的なものの印刷に適した汎用性の高い基本素材です。一方、 PET-CFには、PETG-CF に比べてより多くの量の炭素繊維が含まれており、強度と耐熱性が大幅に優れています。 PET-CF は、より複雑で要求の厳しい環境での使用に適したプロフェッショナルグレードのエンジニアリング材料です。

PET-CFは何に使用されますか?

PET-CF は、寸法安定性と吸水率の低さにより、高湿度環境で使用される機能部品の印刷にはナイロンよりも優れた選択肢です。また、高温耐性と低い反りにより、自動車の付属品や備品などの機械アセンブリ部品の印刷に適しています。

* 上記の材料比較は、弊社純正フィラメントの比較となります。他社の製品には参照にならない可能性があります。


パラメータの比較

PET-CF PAHT-CF
構成 PET、炭素繊維 PA 12およびその他の長チェインPA、炭素繊維
ホットエンドの互換性 焼入れスチール 0.6 (推奨)、0.4、0.8 mm
ビルドプレートの互換性 エンジニアリングプレート、高温プレート、テクスチャードPEIプレート
のり スティックのり/液体のり スティックのり

AMS と使用可?

いいえ はい
印刷速度 < 100 mm/秒 < 100 mm/秒
靭性(衝撃強度 - XY) 36.0kJ/㎡ 57.5kJ/㎡
強度(曲げ強度 - XY) 149MPa 140MPa
剛性 (曲げ弾性率 - XY) 5080MPa 4120MPa
層の密着性(衝撃強度 - Z) 4.5kJ/㎡ 13.3kJ/㎡
耐熱性(HDT、0.45MPa) 205℃ 194℃
飽和吸水率/%(25℃,55%RH) 0.37 0.88

推奨される印刷設定
印刷前の乾燥設定 80℃、8~12時間
印刷と容器の湿度の維持 < 20% RH (密封、乾燥剤使用)
ノズル温度 260~290℃
ベッド温度 (PVP 接着剤を使用) 80~100℃
印刷速度 < 100 mm/秒
物理的特性
密度 1.29 g/cm3
ビカット軟化温度 226℃
熱たわみ温度 205℃
融点 250℃
メルトインデックス 25.3±2.5g/10min
機械的性質
抗張力 76±5MPa
破断伸び率 4.1±0.5%
曲げ弾性率 5080±210MPa
曲げ強度 149±4MPa
衝撃強度 36.0±2.7kJ/m2

フィラメント TDS をダウンロード
フィラメントのMSDSをダウンロード


印刷のヒント

Bambu PET-CF は使用する前に適切な乾燥が必要です。推奨乾燥温度は、フィラメント乾燥機で 80 ℃ 5 時間、またはヒートベッドで 90 ℃ 10 時間です。 (スプールが溶ける恐れがありますので90℃を超えないでください。)詳細については、 WIKI のエンジニアリング素材の印刷のヒントを参照してください。

素材の湿気の吸収を防ぐため、印刷中は乾燥剤を入れた密閉保管容器を使用することをお勧めします。詳細については、 WIKI のエンジニアリング素材の印刷のヒントを参照してください。


箱の中は何ですか

画像追加ダウンロード紛失文案 画像追加ダウンロード紛失文案

スプール付きフィラメント x1 & 乾燥剤 x1

画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

フィラメントラベル x1

画像追加ダウンロード紛失文案画像追加ダウンロード紛失文案

パッケージ x1